嘟嘟日语日本語天地翻訳広場 → 北京の練炭

  共有3068人关注过本帖树形打印

主题:北京の練炭

美女呀,离线,留言给我吧!
嘟嘟
  1楼 个性首页 | 信息 | 搜索 | 邮箱 | 主页 | UC


加好友 发短信
等级:管理员 贴子:14563 积分:3127 论坛币:365598 点卷: 0 威望:0 精华:9 注册:2003/12/30 16:34:00
北京の練炭  发贴心情 Post By:2009/10/29 12:36:00



   

 20年前、北京市民にとって、練炭は生活必需品でした。冬になると、胡同の一角から練炭作りの音が聞こえてきます。そこは、胡同の中にある練炭屋です。北京市民はそこで練炭を買い求めます。木枯らしが吹く頃、人々は、コンロの清掃をしたり、煙突を取り付けたり、冬の準備で忙しくなります。通路の両側にずらりと並ぶ練炭は、北京の当たり前の風景でした。

 史書の記載によると、北京での石炭採掘は元の時代から始まったということですが、市民が使用するようになったのは、100年前の清代、光绪皇帝のころからだということです。当時、練炭運搬はラクダに頼っていました。ラクダの行列が阜成門一帯をゆったりと進む光景は冬の風物詩でもあったのです。心地よい鈴の音も響き渡っていました。1920年代のころになると、鉄道が開設したため、大量の石炭が北京に入り、当時の主なエネルギーに取って代わったのです。

   

 石炭はまず練炭屋に運ばれます。駅に近いなど、交通の便のいいところには、最初に練炭屋ができました。しかし1950年後半、三輪自動車の登場によって、練炭は狭い胡同の奥まで運ぶことができるようになり、そこにも練炭屋が現れました。実は、それまでの練炭は球状でした。それ以降、技術の進歩に伴って、輸送や貯蔵に便利な穴あき練炭(北京では通称「蜂巣練炭」)が生まれました。三輪車に乗って「蜂巣練炭」を売り歩く人もいたので、練炭の購入はもっと便利になりました。

 小さな練炭屋が胡同の隅々に点在していたため、市民に馴染み深い存在でした。「トン、トン」という練炭作りの音は、冬の到来を告げるものとなりました。現在の北京は、都市開発が進み、胡同住まいの人々はスチームが入るマンションにどんどん引っ越しています。それにともない、練炭屋も姿を消しました。



嘟嘟论坛 共同成长 QQ:382513235

如果转贴本论坛的资料,请在贴内标注“来自嘟嘟日语(www.dudujp.com)”谢谢合作!

本网站所提供资料,仅供学习参考,如有需要请购买正版
支持(0中立(0反对(0回到顶部
美女呀,离线,留言给我吧!
嘟嘟
  2楼 个性首页 | 信息 | 搜索 | 邮箱 | 主页 | UC


加好友 发短信
等级:管理员 贴子:14563 积分:3127 论坛币:365598 点卷: 0 威望:0 精华:9 注册:2003/12/30 16:34:00
  发贴心情 Post By:2009/10/29 13:27:00



20年前、北京市民にとって、練炭は生活必需品でした。冬になると、胡同の一角から練炭作りの音が聞こえてきます。そこは、胡同の中にある練炭屋です。北京市民はそこで練炭を買い求めます。木枯らしが吹く頃、人々は、コンロの清掃をしたり、煙突を取り付けたり、冬の準備で忙しくなります。通路の両側にずらりと並ぶ練炭は、北京の当たり前の風景でした。

20年前,对于北京居民来说,煤球是生活必需品。一到冬天,胡同的角落就传来了制作煤球的声音。那里就是位于胡同的煤球点。北京居民就在那购买煤球。北风一吹,人们就清扫炉子,安装烟囱,忙于过冬的准备。通道的两旁成排摆着的煤球,是北京最普遍的景象。

 史書の記載によると、北京での石炭採掘は元の時代から始まったということですが、市民が使用するようになったのは、100年前の清代、光绪皇帝のころからだということです。当時、練炭運搬はラクダに頼っていました。ラクダの行列が阜成門一帯をゆったりと進む光景は冬の風物詩でもあったのです。心地よい鈴の音も響き渡っていました。1920年代のころになると、鉄道が開設したため、大量の石炭が北京に入り、当時の主なエネルギーに取って代わったのです。

据史书记载,北京的煤炭开采始于元代。而居民使用煤炭始于100年前的清光绪年间。当时,煤炭的搬运全靠骆驼。驼队悠闲的行进在阜成门一带的景象是冬季特有的风景。清脆的铃声响彻着。19世纪20年代,因为铁路的开通,大量的煤炭进入北京。取代成为当时的主要能源。

 

石炭はまず練炭屋に運ばれます。駅に近いなど、交通の便のいいところには、最初に練炭屋ができました。しかし1950年後半、三輪自動車の登場によって、練炭は狭い胡同の奥まで運ぶことができるようになり、そこにも練炭屋が現れました。実は、それまでの練炭は球状でした。それ以降、技術の進歩に伴って、輸送や貯蔵に便利な穴あき練炭(北京では通称「蜂巣練炭」)が生まれました。三輪車に乗って「蜂巣練炭」を売り歩く人もいたので、練炭の購入はもっと便利になりました。

煤炭首先被搬入煤球店。最早煤球店都开在车站附近等交通便利的地方。但是50年代后期,三轮车的问世,使得煤球可以运至狭窄胡同的深处。那里也就出现了煤球店。实际上,在此之前的煤球都是球形的。在那之后,随着技术的进步,出现了便于运输和储藏的有孔煤球(俗称蜂窝煤),骑着三轮车,串街叫卖蜂窝煤的出现,煤球的购买更为便利。

 小さな練炭屋が胡同の隅々に点在していたため、市民に馴染み深い存在でした。「トン、トン」という練炭作りの音は、冬の到来を告げるものとなりました。現在の北京は、都市開発が進み、胡同住まいの人々はスチームが入るマンションにどんどん引っ越しています。それにともない、練炭屋も姿を消しました。

散布于胡同的各个角落的小煤球店,是居民及其熟悉的存在。咚、咚、制作煤球的声音,宣告着冬季的到来。现今的北京,随着城市的发展,胡同里的人们接连不断的搬进了有暖气的公寓。与之相随的是煤球店的消失。



嘟嘟论坛 共同成长 QQ:382513235

如果转贴本论坛的资料,请在贴内标注“来自嘟嘟日语(www.dudujp.com)”谢谢合作!

本网站所提供资料,仅供学习参考,如有需要请购买正版
支持(0中立(0反对(0回到顶部