嘟嘟日语日本語天地言葉使い → [转帖]难学难记的慣用語

  共有6193人关注过本帖树形打印

主题:[转帖]难学难记的慣用語

美女呀,离线,留言给我吧!
llswza
  1楼 个性首页 | 信息 | 搜索 | 邮箱 | 主页 | UC


加好友 发短信
等级:青蜂侠 贴子:1460 积分:-70 论坛币:20315 点卷: 0 威望:0 精华:800 注册:2005/5/26 19:40:00
[转帖]难学难记的慣用語  发贴心情 Post By:2005/6/7 23:47:00



您无权查看精华帖子

[本帖被加为精华]
支持(0中立(0反对(0回到顶部
美女呀,离线,留言给我吧!
llswza
  2楼 个性首页 | 信息 | 搜索 | 邮箱 | 主页 | UC


加好友 发短信
等级:青蜂侠 贴子:1460 积分:-70 论坛币:20315 点卷: 0 威望:0 精华:800 注册:2005/5/26 19:40:00
  发贴心情 Post By:2005/6/7 23:48:00



六 眼睛(3) A:意味と用例 1、目に入れても痛くない=自分の子供や孫をとても可愛いと思う?また、その程度 例:やはり自分の子は目に入れても痛くないほど可愛い。 2、目に見える=はっきりそうだと分かる 例:今、鈴木さんから電話があって、山田さんの結婚が決まったと聞いた。山田さんの喜ぶようすがめに見えるようだ。 3、目の色を変える=(なにかを手に入れようと)一生懸命になる?怒る 例:蝶の好きな彼は、珍しい蝶を見つけると目の色を変えて追いかけていく。 4、目を疑う=実際に見たことが信じられなくて、とても驚く 例:しばらく会わないうちに彼女があまりにも痩せてしまったので、私は自分の目を疑った。 5、目を掛ける=目上の人を特別に助けたり、世話をしたりする 例:どうして監督が実力もない彼に目を掛けるのか分からない。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、父はとても重い病気にかかり、(   )やせ細ってしまった。 2、「営業部の林さんが、結婚するから会社を辞めるんだって」 「じゃあ、営業部長は残念がっているでしょう?」 「そうだね、彼女に(   )いたからね」 3、夫は子供があまり好きではないといっていたが、息子が生まれてからは(   )ほど可愛がっている。 4、お腹がすいているらしく、子供たちは(   )食べている。 5、大学を受験したが、たぶんだめだろうと思っていたので、合格通知を見たときは自分の(   )。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、彼の日本語は、この一年で(   )上手になった。 2、孫は(   )ほど可愛い。 3、買い物が好きな母は、バーゲンとなると(   )。 4、姉の大切にしていた人形を壊してしまったら、姉は(   )怒った。 5、道で一万円札の束を見つけたときは、自分の(   )。 6、そんなに成績はよくないのに進級できたのは先生に(   )いただいたからだろう。 a目に入れても痛くない b、目を疑う c、目を掛ける d、目の色を変える e、目に見える C:解答 B(一)1、目に見えて2、目を掛けて 3、目に入れても痛くない4、目の色を変えて  5、目を疑った  (二)1、e  2、a  3、d  4、d  5、b   6、c 七 眼睛(4) A:意味と用例 1、目を配る=注意してあちらこちらを見る 例:幼稚園の先生は、子供たちが怪我をしないように目を配っていなければ成らない。 2、目を皿にする=驚いたり、物を探したりするとき、目を大きく開く。 例:皆、目を皿にしてなぎが蝶になるところを見ていた。 3、目を三角にする=怒って、こわい目つきをする?目を吊り上げる。 例:子供の言うことに本気になって目を三角にするなんて、大人のすることじゃない。 4、目を通す=書類など、書かれたものの全体を簡単に見る。 例:テストのときは、まず問題に目を通して、簡単そうなものからはじめたほうがいい。 5、目を盗む=人に見つからないようになにかをする。 例:子供のころ、よく母の目を盗んでお菓子を食べて怒られた。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、赤ちゃんは何でも口に入れてしまうので、(   )いないと危ない。 2、手品の仕掛けを見破ろうと(   )見ていたが、最後までわからなかった。 3、授業中先生の(   )、友達からの手紙を読んだ。 4、私はいつもコンサートが始まる前にプログラムに(   )。 5、私がケーキを全部食べてしまったので、妹は(   )怒った。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、レストランの店長はいつも客席に(   )いる。 2、落としたコンタクトレンズを、(   )探したが、見つからなかった。 3、母は(   )、妹を叱った。 4、コンピューターを使う前に、説明書によく(   )ください。 5、先生の(   )、学校でタバコを吸う中学生がいるらしい。 a目を皿にする b、目を盗む c、目を通すd、目を配る e、目を三角にする C:解答 B(一)1、目に見えて2、目を掛けて 3、目に入れても痛くない4、目の色を変えて  5、目を疑った  (二)1、d  2、a  3、e  4、c  5、b    八 眼睛(5)、鼻子 A:意味と用例 1、目を引く=ほかの人の注意を向けさせる 例:この建物は高くて真っ赤になので、とても目を引く。 2、目を細くする=うれしかったり、可愛いと思ったりして微笑む 例:ウエディングドレスをいた姉を見て、母は目を細くした。 3、目を丸くする=驚いて、目を大きく開く 例:山田さんは毎朝御飯を5杯も食べるといっていた、それを聞いて、皆目を丸くした。 4、鼻が高い=得意な様子?自慢する様子 例:弟の成績がクラスで一番になって、勉強を教えてやった私も鼻が高い。 5、鼻に掛ける=人より優れていることを得意に思い、自慢する(その態度をよく思っていない時によく使う) 例:林さんはきれいだが、それを花に掛けているので、皆に嫌われている。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、この服は襟のデザインが変わっていて人の(   )。 2、田中さんはカレーライスを4杯も食べたのに、もう1杯食べるといったので、皆は(   )。 3、山本さんは頭がいいのを(   )いるので、みんな友達になろうとしない。 4、子供が子犬と楽しそうに遊んでいる様子を母親は(   )眺めている。 5、彼の作品が最優勝に選ばれて、お母さんも(   )だろう。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、彼女は、スタイルがよくてきれいなので、外を歩くだけで人の(   )。 2、老人は孫の遊んでいる姿を(   )見ていた。 3、こんな寒い日に海で泳いでいる木村さんを、皆は()見ていた。 4、息子が有名な大学に合格したので私は(   )。 5、彼はけんかに強いことを(   )、いつも威張っている。 a目を細くする b、鼻に掛けるc、鼻が高いd、目を引く e、目を丸くする C:解答 B(一)1、目を引く2、目を丸くした 3、鼻に掛けて4、目を細くして  5、鼻が高い (二)1、d  2、a  3、e  4、c  5、b 九  口(1) A:意味と用例 1、開いた口が下がらない=思わず口が開いてしまうほど、驚いたりあきれたりする 例:先週もらった給料はもう全部使ってしまった何で、開いた口がふさがらない。 2、口が重い=あまり話さない 例:祖父は戦争の話が始まると口が重くなる、きっといやな思いだがたくさんあるのだろう。 3、口が堅い=話してはいけないことは話さない様子 例:山田さんは口が堅いから、どんなことでも安心して相談できる。 4、口が軽い=話してはいけないことも話してしまう 例:「誰にも言わないで」といったのに、林さんは皆に話してしまった、本当に口が軽い人だ。 5、口が滑る=言ってはいけないことを、ついうっかり言ってしまう。 例:ごめんなさい、口が滑って。。。。。。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、そんな大切なことを山田さんに話したんですか?あの人は(   )から、皆に話してしまいますよ。 2、話してはいけないことは分かっていたのですが、お酒を飲んだら、つい(   )はなしてしまいました。 3、川上さんは朝から何も食べてないといっていたが、御飯を5杯も食べる何で、(   )。 4、大丈夫です、私は(   )から、ほかの人には話しませんよ。 5、田中さんはいつもは(   )けど、必要なことははっきり言います。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、大切な試験の日に寝坊するなんて、(   )。 2、山田さんはいつもは(   )が、好きな野球のことはよく話す。 3、森さんは(   )から秘密を打ち明けても大丈夫ですよ 4、大木さんは(   )から、あの人の前では大事な話は出来ない。 5、林さんに恋人がいることは秘密だったのに、(   )、皆に話してしまった。 a口が堅い b、口が滑ってc、開いた口が塞がらないd、口が重い e、口が軽い C:解答 B(一)1、口が軽い2、口が滑って 3、開いた口が塞がらない4、口が堅い  5、口が重い (二)1、c  2、d  3、a  4、e  5、b 十  口(2) A:意味と用例 1、口が悪い=人の気持ちを傷つけることを平気で言う 例:山本さんは口が悪いので、一緒に話しをしていると、けんかになってしまう。 2、口に合う=食べ物の味がこの好みに合う 例:私の手料理ですが、奥地に会いますかどうか。 3、口を酸っぱくする=同じことを何回も繰り返して言う 例:先生は学生に、宿題を忘れないように口を酸っぱくしていった。 4、口をそろえる=たくさんの人が同じことを言う 例:あの映画を見た人は皆口をそろえて面白いと言う。 5、口を出す=他人の話に割り込んで意見を言う 例:これは夫婦の問題だから、母さんは口を出さないで。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、日本の料理は味が薄くて、私の(   )。 2、夫の姉は、私たちの子供のしつけにいつも(   )。 3、林さんは本当はいい人なのに(   )から、嫌いだという人が多い。 4、(   )「勉強しなさい」といっても、子供たちは言うことを聞かない。 5、皆(   )、「山本さんは親切でとてもいい人だ」というから、山本さんは本当にいい人なのだろう。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、彼は(   )けど、本当は優しいんだ。 2、本場のカレーは辛すぎて、日本人の(   )かもしてない。 3、母親が(   )注意しても、子供たちは悪戯をやめなかった。 4、昼ごはんに何が食べたいかと聞いたら、皆(   )「ラーメン」と言った。 5、相談されてもいないのに、他人の家庭の問題に(   )のはよくない。 a口をそろえる b、口を出すc、口を酸っぱくするd、口に合う e、口が悪い C:解答 B(一)1、口に合わない2、口を出す 3、口が悪い4、口を酸っぱくして  5、口をそろえて (二)1、e  2、d  3、c  4a、  5、b

支持(0中立(0反对(0回到顶部
美女呀,离线,留言给我吧!
llswza
  3楼 个性首页 | 信息 | 搜索 | 邮箱 | 主页 | UC


加好友 发短信
等级:青蜂侠 贴子:1460 积分:-70 论坛币:20315 点卷: 0 威望:0 精华:800 注册:2005/5/26 19:40:00
  发贴心情 Post By:2005/6/7 23:48:00



十一  牙、唇、舌 A:意味と用例 1、歯を食いしばる=苦しさ、悲しさ、悔しさなどを一生懸命こらえる 例:体が小さいからバスケットボールはやめたほうがいいといわれたが、毎日歯を食いしばって練習して、レギュラー選手になることが出来た。 2、歯が立たない=自分の力ではかなわない 例:この問題は難しすぎて、私には歯が立たない。 3、唇をかむ=悔しさや怒った気持ちを抑えて我慢する 例:私の書いた作文が、悪いていとしてみんなの前で読まれて、唇をかんだことがある。 4、舌鼓を打つ=美味しい食べ物を食べて舌を鳴らず?舌鼓 例:りょこうの楽しみは、今日どりょうに舌鼓を打つことだ。 5、舌を巻く=言葉もだないほど、驚いたり感心したりする 例:彼女は5ヶ国語を自由に話せる。あの語学力にはしたを巻く。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、久しぶりのご馳走に、皆(   )。 2、この計算は難しすぎて、(   )。 3、先生にA大学は無理だろうといわれたが、(   )毎日何時間も勉強して合格した。 4、入学試験の前日に交通事故で入院してしまい、病院のベッドで泣きたかったが(   )我慢した。 6、 鈴木さんのお子さんはまだ5歳なのに、外国の首都を全部覚えているのには(   )。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、子供たちがまだ小さいのに夫にしなれ、彼女は働きながら(   )子供を育てた。 2、スポーツは私のほうが出来るが、勉強では彼には(   )。 3、去年は試合に負けて(   )悔しかったが、今年は勝つことが出来て大喜びだ。 4、皆は母の手料理に(   )。 5、大学入試の問題を全部解いた中学生がいると知って、(   )。 a、舌を巻く b、歯を食いしばるc、舌鼓を打つd、歯が立たない e、唇をかむ C:解答 B(一)1、舌鼓を打った2、歯が立たない 3、歯を食いしばって4、唇をかんで  5、舌を巻いた (二)1、b  2、d  3、e  4、c  5、a 十二  鄂、喉、颈 A:意味と用例 1、あごで使う=威張った態度で思い通りに人になにかをさせる 例:部長は「タバコを買って濃い」「お茶を入れる」と、女子社員をあごで使っている。 2、あごを出す=とても疲れ「もう、だめだ」という様子を見せる 例:はじめからそんなにがんばると、途中であごを出してしまうよ。 3、のどから手が出る=なにかがとてもほしい(のどから手が出るほどほしい) 例:ボーナスが出たので、のどから手が出るほどほしいと思っていたカメラを買った。 4、首にする=仕事をやめさせる?解雇する 例:不景気のため、社員の半分を首にしなければならない。 5、首を長くする=「まだか、まだか」と待ってる様子。 例:姉は面接試験を受けた会社からの通知を首を長くして待っている。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、昔は夫が「あれをしろ、これを白」と妻を(   )が、今は妻に()いる夫が多い 2、自分の家が(   )ほどほしいが、東京ではとても買えない。 3、富士山の頂上に着いたときには、皆すっかり(   )いた。 4、久しぶりに友達が遊びに来るというので、(   )待っていたが、都合が悪くなってこられないという連絡をもらった、とても残念だ。 5、社長は自分の考えと合わないと社員を(   )。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、兄は私を自分の部下のように(   )。 2、初めてマラソン大会に参加したとき、半分も行かないうちに(   )しまった。 3、(   )ほど、車ほしいが、お金がないから買えない。 4、山口さんが会社のお金を黙って使っていたことを知って、社長は彼を(   )。 5、母は、ドイツで仕事をしている兄の帰りを(   )待っている。 a、のどから手が出る b、首にするc、首を長くd、あごが出す e、あごで使う C:解答 B(一)1、あごで使った?あごで使われて2、のどから手が出る 3、あごを出して4、首を長くして  5、首にした (二)1、e  2、d  3、a  4、b  5、c 十三  肩、腕、指 A:意味と用例 1、肩をならべる=地位や力が同じくらいになる 例:一生懸命勉強して、成績がいい人と肩を並べれるようになった。 2、肩を持つ=味方をする 例:先生が特定の学生の肩を持つのはよくないことだと思う。 3、腕がいい=技術がとてもいい 例:彼は料理の腕がいいので、高級レストランに就職できた。 4、腕が上がる=上手になる 例:いいコーチに教えてもらったので、ゴルフの腕が上がって、優勝することが出来た。 5、指をくわえる=自分もほしい?したいと思うが、出来ないので、羨ましく思いながら見ている様子 例:風邪を引いて寝ている妹は、友達が元気に遊んでいるのを指を加えてみていた。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、一生懸命練習したから、去年よりテニスの(   )と思う 2、学生時代は先輩だった人は、今は同じ会社で部長として(   )いる。 3、博はテレビゲームがほしかったが、小遣いがなくて買えないので、友達が遊んでいるのを(   )見ているだけだった。 4、あの歯医者は()から、入れ歯がぴったりあう。 5、皆は私の意見に批判的だが、社長は私の(   )くれているから頑張ってみよう。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、彼と私は学生のとき成績が大体同じで(   )いた。 2、私と妹が喧嘩をすると、母はいつも妹の(   )私を怒る。 3、あの人はつりの(   )ので、いつもたくさん釣ってくる。 4、一人暮らしを始めてから、料理の(   )、友達が美味しいといってくれる。 5、私は泳げないので、皆が楽しそうに泳いでいるのをプールサイドで(   )見ていた。 a、腕が上がる b、指をくわえるc、肩を並べるd、腕がいい e、肩を持つ C:解答 B(一)1、腕が上がった 2、肩を並べて 3、指をくわえて4、腕がいい 5、肩を持つ (二)1、c  2、e  3、d  4、a  5、b 十四  手(1) A:意味と用例 1、手が空く=一区切りついて、暇になる 例:やっと手が空いたから、食事にしよう。 2、手がかかる=時間や労力が必要で面倒だ?世話をするのが大変だ。 例:子供がまだ小さくて手がかかるので習い事をする暇もない。 3、手が足りない=働く人の数が足りない 例:5人来るはずのアルバイトが二人しか来なくて、手が足りなくなった。 4、手が出ない=自分の力ではどうすることも出来ない 例:日本語の勉強を始めたばかりなので、こんな難しい試験にはまったく手が出ない。 5、手がない=方法や手段がない 例:私の田舎は就職先が少ないので、都会に出て行くよりほかに手がない。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、これは高すぎて、私には(   )。 2、駅からホテルまで遠いが、バスもタクシーもないので、歩くよりほかに(   )。 3、 A:今日、昼ごはん、一緒に食べに行かないか。 B:仕事がたまっているから、ちょっと昼までには(   )と思うよ。 4、あの子は赤ん坊のときからよく病気をして、(   )大変だった。 5、引越しをするとき、(   )ので、先輩にも来てもらった。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、そちらの仕事の(   )たら、こちらを手伝って頂けませんか? 2、「熱帯魚を買っているんですか?(   )でしょうね」   「ええ、水の温度とか、えさとか、いつも気をつけていなければならなりませんから」。 3、ちょっと(   )ので手伝ってください。 4、東京の土地は高すぎて、サラリーマンには(   )。 5、財布を落としたが、いくら探しても出てこないし、交番にも届いていないようだから、あきらめるよりほかに(   )。 a、手が出ない b、手が足りない c、手がないd、手が空く e、手がかかる C:解答 B(一)1、手が出ない 2、手がない 3、手があかない4、手がかかって 5、手が足りなかった (二)1、d  2、e  3、b  4、a  5、c 十五  手(2) A:意味と用例 1、手が離せない=そのことばかりに熱中したり忙しかったりして、ほかのことが出来ない 例:今、忙しくて手が離せないから、後にしてください。 2、手に汗を握る=危険な場面や緊迫した状態などを見て緊張したり興奮したりする様子?手に汗握る 例:昨日見た映画は手に汗を握る場面が多くて、面白かったけど、ちょっと疲れたよ。 3、手に余る=自分の力ではどうすることも出来ない 例:娘の宿題を手伝ってやったが、難しくて手に余った。 4、手に入れる=自分のものにする 例:借金してやっとマイホームを手に入れた。 5、手も足も出ない=どうしょうもなくて困る?何も出来ない 例:今日の試合は相手が強すぎて、手も足も出なかった。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、「電話で」 A:もしもし、田中といいますが、奥さんはいらっしゃいますか。 B:おりますが、すみません、今、ちょっと(   )ので、後でこちらから電話させます。 A:そうですか。それでは、よろしくお願いいたします。 2、小遣いだけでは買えなかったので、アルバイトをして、ほしかったパソコンをやっと(   )。 3、どちらのチームが勝つか、(   )見ていた。 4、この事件はとても複雑で、有名な探偵でも(   )だろう。 5、台風が上陸して、家の屋根が次々と飛ばされているが、雨や風がとても強くて(   )。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、今、てんぷらを揚げていて(   )から、誰から電話に出てよ 2、サッカーの決勝うぇんを(   )見た。 3、こんな難しい仕事は、私の(   )。 4、古本屋に行って、前からほしかったほんをやっと(   )。 5、今日のテストは難しくて(   )。 a、手も足も出なかった b、手に汗を握って c、手が離せないd、手に入れた e、手に余る C:解答 B(一)1、手が離せない 2、手に入れた 3、手に汗を握って4、手にあまる 5、手も足も出なかった (二)1、c  2、b  3、e  4、d  5、a

支持(0中立(0反对(0回到顶部
美女呀,离线,留言给我吧!
llswza
  4楼 个性首页 | 信息 | 搜索 | 邮箱 | 主页 | UC


加好友 发短信
等级:青蜂侠 贴子:1460 积分:-70 论坛币:20315 点卷: 0 威望:0 精华:800 注册:2005/5/26 19:40:00
  发贴心情 Post By:2005/6/7 23:49:00



十六  手(三) A:意味と用例 1、手を貸す=手伝う?手助けをする?力を貸す 例:本棚を動かしたいんだけど、ちょっと手を貸してくれる? 2、手を抜く=しなければならないことを十分しないで、いい加減にする 例:トンレルが崩れたのは、手を抜いた工事が原因だといわれている。 3、手を広げる=あることをしながら新しいことを始める?していることの範囲を広げる 例:「彼に名刺をもらったんだけど、作家にコンサルタントに講師までしているようだよ」  「ずいぶん手を広げているな?」 4、手を焼く=取り扱いに困る 例:山本君に手を焼いた先生は、彼の両親を呼び出した。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、この橋は工事のとき(   )ので、すぐ壊れてしまった。 2、車の激しい通りで、おばあさんがなかなか渡れなくて、困っていたので、(   )あげた。 3、山本さんは三つも会社を経営して、今度海外にも新しい会社を作るそうだ、ずいぶん(   )いるんだな。 4、赤ん坊がなかなか泣き止まないので、母親は(   )いる。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、おばあさんが重そうな荷物を持って駅の階段を登っていたので、()上げた。 2、得意な科目なので、(   )勉強したら、テストの点が悪かった。 3、うちは化粧品の会社だが、今年から(   )薬品も取り扱うことになった。 4、おとうとの悪戯には家族全員が(   )いる。 a、手を広げる  b、手を焼く  c、手を貸す  d、手を抜く C:解答 B(一)1、手をぬいた 2、手を貸した 3、手を広げて4、手を焼いて  (二)1、c  2、d  3、a   4、b 十七  胸 A:意味と用例 1、胸騒ぎがする=なにか悪いことがあったのではないかと不安で落ち着かない 例:胸騒ぎがすると思ったら、兄が事故にあったと電話があった。 2、胸がいっぱいになる=うれしさや、悲しさや、感動などで心が満たされて何もいえなくなる 例:小学校時代の先生に会って、懐かしさで胸がいっぱいになった。 3、胸を躍らせる=うれしさや、期待で少し興奮する 例:初めての外国りょこうに胸を躍らせている。 4、胸をなでおろす=心配だったことがなくなって、安心する 例:息子の乗った飛行機が事故を起こしたようだが、死傷者はいないと聞いて、胸をなでおろした。 5、胸を膨らませる=期待や希望で気持ちが満たされる 例:妹は今日から中学生だ、今朝、新しい制服を来て、胸を膨らませて学校へ行った。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、小さい子供が母親を看病する映画を見て、(   )。 2、なんだか(   )。りょこうにいっている子供に何かあったのだろうか。 3、友達から借りた時計を落としてしまったが、こわれていなかったので(   )。 4、昨日恋人にプレゼントをもらって(   )。 5、結婚した二人は(   )新しい生活を始めた。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、(   )が、国に一人で住んでいる母に何かあったのではないだろうか。。。 2、30年ぶりに再会した親子のニュースを見て、(   )。 3、今日、山田さんは彼女と初めてのデートだといって、朝から(   )いる。 4、パスポートを落としてしまったが、見つかったという連絡が来て、(   )。 5、秋から憧れのフランスに留学することになり、姉は(   )いる。 a、胸騒ぎがする  b、胸がいっぱいになる  c、胸をなでおろす  d、胸を躍らせる e、胸を膨らませる C:解答 B(一)1、胸がいっぱいになった 2、胸騒ぎがする 3、胸をなでおろした 4、胸を躍らせた e、胸を膨らませて (二)1、a  2、b  3、d  4、c  5、e 十八  脐、背 A:意味と用例 1、腹が立つ=心の中に怒りの気持ちがわく 例:政治家の汚職事件があまりにも多いので、ニュースを見ていると、腹が立ってくる。 2、腹を抱える=とても可笑しくて大笑いする 例:山田君が社長の物まねをするのを見て、腹を抱えて笑った。 3、へそを曲げる=機嫌を悪くして、人の言うことを素直に聞かない 例:ちょっと怒ったら、子供はへそを曲げてしまって、晩御飯の時間に鳴っても、部屋から出てこなかった。 4、背を向ける=知らない不利をして、問題にしない 例:誰でもいやなことには背を向けたいと思うものだ 5、背に腹は代えられない=大切なことのために、ほかのものを犠牲にしても仕方がない 例:祖母が病気で入院したので、お金が必要だ、家を買うために貯金をしていたが、背に腹は代えられない、貯金を下ろすことにした。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、試験なのに、鉛筆を忘れてしまった。(   )から、恥ずかしくても隣の人に借りよう。 2、テレビや新聞などで環境問題がニュースになっているのに、私には関係がないからと、その問題(   )わけには行かない。 3、私だけ服を買ってもらったら、妹は(   )しまった。 4、足を踏んだのに、「ごめんなさい」の一言も言おうとしない最近の若者には本当に(   )。 5、山田さんの冗談が面白くて、皆は(   )笑った。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、このごろ毎晩夜中にいたずら電話がかかってくるんだ、本当に(   )よ。 2、面白いテレビを見ながら、(   )笑った。 3、私が約束の時間に遅れたので、彼女は(   )しまった。 4、死んだ父の大切にしていた絵を売りたくはないが、生活していくためのお金がもうない。(   )から売ることにした。 5、彼は別れ話の後で、泣いている彼女に(   )立ち去った。 a、背に腹は代えられない  b、腹が立つ  c、背を向ける  d、へそを曲げる e、腹を抱える C:解答 B(一)1、背に腹は代えられない 2、背を向ける 3、へそを曲げて 4、腹が立つ e、腹を抱えて (二)1、b  2、e  3、d  4、a  5、c 十九  腰、臀 A:意味と用例 1、腰を折る=とちゅうで邪魔をしたり、勢いを弱らせたりする 例:教授は、遅刻してきた学生に話の腰を折られて不機嫌になった。 2、腰を抜かす=とても驚いて腰の力がなくなり、立てなくなる。 例:山を歩いてたら、突然くまが出てきたので、腰を抜かした。 3、尻が重い=物事をなかなか始めようとしない 例:急ぎの仕事なら田中さんには頼まないほうがいいよ、あの人は尻が重いから。 4、尻に火がつく=物事が差し迫って、落ち着いていられなくなる 例:「時給のいいバイトがあるんだけど、やらないか?」 「今、それどころじゃないんだ、卒論の締め切りが来週で、尻に火がついてるんだよ」 5、尻をたたく=物事を進ませたり、一生懸命にやらせたりするために、叱ったり励ましたりする 例:「まだ若いのに疲れた疲れたばっかり言っていないで、しっかりしなさい」と私は叔母に尻をたたかれた。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、将来の計画について話をしているとき、黙って聴いていた友達に「もっとよく考えたほうがいい」と話の(   )。 2、 A:この仕事、林さんに頼もうと思っているんだけど??? B:急ぐ仕事だったら、あの人には頼まないほうがいいと思うよ。 B:林さん、( )から、始めるまでに時間がかかるよ。 3、「5年も彼女と付き合っていて、まだプロポースしていないの?早くしなさいよ」と友達に(   )。 4、宝くじ手1億円当たったと聞いて、(   )。 5、あの作家はいつも書くのが遅くて、(   )と原稿を書かない。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、私が野球の話しをしているのに、お腹が空いたなんていって話の(   )でください。 2、夜、暗闇から突然猫が私に飛び掛ってきて、(   )しまった。 3、姉は(   )て、「掃除をしよう」といってから、1時間以上も立つのに、まだ掃除を始めない。 4、(   )から、準備を始めても遅い。 5、子供がテレビに夢中で勉強始めないから、「早く勉強しなさい」と(   )。 a、腰を抜かす  b、腰を折る c、尻をたたく  d、尻が重い e、尻に火がつく C:解答 B(一)1、腰を折られた 2、尻が重い 3、尻をたたかれた 4、腰を抜かした e、尻に火がつかない (二)1、b  2、a  3、d  4、e  5、c 二十 足、膝 A:意味と用例 1、足が出る=予算や収入より支出が多くなる 例:みんなから5千円ずつ集めてパーティーをしたが、足が出てしまったので、後千円ずつ集めることにした。 2、足が棒になる=足がとても疲れる 例:もう3時間も歩いたのに、まだ2時間も歩かなければ鳴らないなんて、ついたころには足が棒になってしまう。 3、足の踏み場もない=物がひどく散らかっている様子 例:昨日引っ越したばかりなので部屋の中は足の踏み場もないほどに散らかっている。 4、足を延ばす=ある場所へ行ったついでに、その先のところへ行く 例:日本での仕事が予定より早く終わった、アメリカへ帰るまいに香港に足を延ばしてみようと思っている。 5、膝を乗り出す=興味のある話に引かれて、体を相手のほうへ近づける 例:彼の話がとても面白いので、皆膝を乗り出して聞いている。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、一月の食費を3万円と決めているが、今月は友達とフランス料理のレストランで食事をしたので、2千円ぐらい(   )。 2、5時間も歩き続けたので、(   )しまった。 3、脱いだものも洗濯したものも片付けてないので、部屋の中は(   )。 4、「この地図によると、この博物館から歩いて10文ぐらいのところに美術館があるようだよ。今、何をやっているのかな」 「このポスターそうじゃない?日本近代美術の歴史だって」 「へええ、おもしろうそうだから、ちょっと(   )見ようよ」 5、私の友達は、野球が大好きで、野球の話しになると(   )来る。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、今月は予定以上の買い物をしたので、(   )しまった。 2、新幹線が込んでいて、3時間ずっと立っていたので、ついたときには(   )いた。 3、1ヶ月掃除していないので、私の部屋は(   )。 4、いとこの結婚式で奈良へ行ったついでに京都まで(   )。 5、釣りが好きな田中さんは、釣りの話になると(   )来る。 a、足が棒になる  b、足が出る  c、膝を乗り出す  d、足の踏み場もない e、足を延ばす C:解答 B(一)1、足が出た 2、足が棒になって 3、足の踏み場もない 4、足を延ばして e、膝を乗り出して (二)1、b  2、a 3、d  4、e   5、c

支持(0中立(0反对(0回到顶部
美女呀,离线,留言给我吧!
llswza
  5楼 个性首页 | 信息 | 搜索 | 邮箱 | 主页 | UC


加好友 发短信
等级:青蜂侠 贴子:1460 积分:-70 论坛币:20315 点卷: 0 威望:0 精华:800 注册:2005/5/26 19:40:00
  发贴心情 Post By:2005/6/7 23:49:00



二十一 呼吸、脉搏 A:意味と用例 1、息が合う=一緒に何かするとき、お互いの気持ちや調子がぴったり合う 例:彼女とは息が合わないから、一緒に仕事をしたくない。 2、息が切れる=物事を長く続けられないで、とちゅうで弱ったり疲れたりする 例:そんなハードスケジュールでは、とちゅうで息が切れてしまうよ。 3、息を呑む=驚きや緊張などで一瞬、息をするのも輪捨てたようになる 例:死んだ父にそっくりな人を見かけて息を呑んだ。 4、息を引き取る=?死ぬ?の婉曲ないい方 例:遅かった、彼は立った今息を引き取ったよ。 5、脈がある=まだきぼうが残っている?前途に望みがある 例:いいとは言われなかったが、はっきりだめといわれた訳じゃないから、まだ、脈があると思う。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、あの客に?いい車だから買いませんか?と進めたら、?じゃ、パンフレ氓趣蛞姢皮撙瑜?#65379;といったから、(   )そうだ。 2、ゲーテは83歳でなくなったが、(   )時?もっと光を?といったことはとても有名だ。 3、台風で家がこわれるようすをみて、みんな(   )。 4、入試を目指して、夜は1時まで、朝も4時に起きて勉強していたが、すぐに(   )しまった。 5、A:昨日のシンクロナイズド?スイミングの決勝戦、見た? B:ああ、見たよ。優勝したチームはさすがに(   )演技だったね。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、歌う人々の(   )、すばらしい合唱だった。 2、日常会話が出来るようになるまでがんばるといっていたのに、2週間やっただけでもう(   )んですか? 3、サーカスの綱渡りを(   )見守った。 4、彼はがんで苦しんだが、(   ) 時?幸せだった?といったそうだ。 5、彼女にプロボー図示たら?ええ?とは言わなかったが、あの様子では(   )そうだ。 a、息を呑む  b、息が合う  c、息が切れる  d、脈がある e、息を引き取る C:解答 B(一)1、脈があり 2、息を引き取る 3、息を呑んだ 4、息が切れる e、息があった (二)1、b  2、c  3、a  4、e  5、d 二十二 血、骨、身 A:意味と用例 1、血の滲むような=大変な努力や苦労をする様子 例:田村さんは働きながら勉強するという血の滲むような努力をして大学に進んだ。 2、血も涙もない=人間らしい思いやりがなくて、血も涙もない人間だ 例:ペットをごみのように捨てるなんて、血も涙もない人間だ。 3、骨が折れる=困難が多くて、とても苦労する 例:年をとったからか、階段の上り下りは骨が折れる。 4、身に付ける=1)体から離さないようにする?きる2)知識や技術などを自分のものにして、自由に使うことが出来るようになる 例:1)山本さんはいつも高価なものを身に付けている。   2)外国語を身に付けるなら、その国へ行くのが一番いい。 5、身を粉にする=どのような苦労にも耐えて一生懸命働く様子 例:一生身を粉にして働いても東京に家を立てることは出来そうにない B:練習: (一)右の慣用句に続く言葉を、左から選んで線で結びなさい 1、血の滲むような             a.働く 2、血も涙もない              b.仕事 3、骨が折れる               c.外国語 4、身に付ける               d.人 5、身を粉にして              e.努力 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、プロとしていい仕事をするために、彼女は毎日(   )努力をしている。 2、病気になったとたん解雇され、退職金ももらえないなんて、そんな(   )仕打ちをされるとは思わなかった。 3、この広い庭を一人で掃除するのは(   )。 4、貴重品はロッカーに入れないで、いつも(   )いてください。 5、専門技術を(   )おくと就職のとき有利だ。 6、(   )働いているのに借金が減らない。 a、身に付ける  b、血の滲むよう  c、血も涙もない  d、身を粉にする e、骨が折れる C:解答 B(一)1、e  2、d  3、b  4、c   e、a (二)1、b  2、c  3、e  4、a  5、d  6、d 二十三 精神、性格(1) A:意味と用例 1、気が多い=興味や関心のあるのが次々と変わる?気持ちが変わりやすい 例:彼女は機が多くて、見るたびに違う恋人を連れて歩いている。 2、気が重い=気分がすっきりしない?やる気になれない 例:今日は苦手な水泳の授業があるので、朝から気が重い。 3、気が散る=気持ちをひとつのことに集中できない 例:人がたくさんいるところでは、気が散って本が読めない。 4、気がつく=1)今まで意識になかったことを意識するようになる;2)細かいところまで注意が行き届く;3)失っていた意識を取り戻す‘目が覚める 例:1)夫は私が髪形を変えたのに気がつかないようだった。   2)あの看護婦さんはよく気がつく人だ。   3)気がついたら朝だった。勉強しながら寝てしまったらしい。 5、気が強い=性格や考え方がはっきりしていて積極的で、あまり他人の意見に従おうとしない。 例:田中さんはとても気が強くて、会議で上司に自分の意見を批判されても負けずに言い返す。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、今、大切な問題について話し合っているところですから、そこで騒がないでください、気が(   )。 2、本田さんは気が(   )から、ひとつのことを一生懸命できない 3、おとうとが(   )から、よく友達を怒らせてしまう。 4、駅まで行ったとき、宿題を忘れたことに気が(   )ので、急いで家に戻った。 5、弟が風邪を引いてしまったので、代わりに私が試験の結果を見に行ったが、おとうとは不合格だった。このことをおとうとに伝えなければならないと思うときが(   )。 a、多い  b、重い  c、散る  d、つく e、強い (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、田中さんは次から次へと趣味を変える。(   )人だ。 2、これからずっとあのいやな上司の下で仕事をするのかと思うと、()なる。 3、テレビの音、小さくしてよ。(   )勉強できないよ。 4、忘れ物をしたことに(   )ので、急いで取りに帰った。 5、(   )姉は隣の部屋がうるさいと、直接文句をいいに行く。 a、気が強い  b、気が散る  c、気が重い  d、気がつく  e、気が多い C:解答 B(一)1、c  2、a  3、e  4、d  5、b (二)1、e  2、c  3、b  4、d  5、a   二十四 精神、性格(2) A:意味と用例 1、気が遠くなる=時間や数量の多さに驚いて、何も考えなくなる?意識がなくなる 例:自転車で日本一周するなんて、気が遠くなるような話だ。 2、気が長い=のんびりしている 例:弟は美味しい柿を食べたいからと、柿の種を巻いた。実が出来るまで何年もかかるのに、本当に気が長い話だ。 3、気が短い=すぐに起こったり、いらいらしたりする 例:父は気が短い。私や妹がいわれたことをしないとすぐ怒る。 4、気が弱い=性格や考え方が消極的で、自分の気持ちをはっきり言うことが出来ない。 例:最近は自分の子供を厳しく叱れない気が弱い親が増えている。 5、気に入る=好きになる?これはいいと思う 例:今借りている部屋は、駅から少し遠いが、広くて、静かで、日当たりがいいのでとても気に入っている。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、プレゼントです。(   )いただけるといいんですけど。。。。 2、?コーヒーまだかなあ?   ?(   )ね。今、注文したばかりだよ? 3、木村さんは(   )ので、上田さんに?好きです?ということが出来ない。 4、息子が事故にあったという知らせを受け、(   )。 5、山田さんは(   )から、約束した友達を何時間でも待てる。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、明日までにこんなにたくさんの仕事を終わらせなければならないなんて、考えただけて、(   )なる。 2、2時間も遅れた友達を待っているなんて、(   )人ですね。 3、約束の時間に10分遅れただけなのに、(   )林さんはもういなかった。 4、おとうとは(   )から?いやだ}といえないで、いつも大変な仕事を押し付けられている。 5、今日、恋人が家に来ることになっているが、両親が彼女を(   )くれるかどうか心配だ。 a、気が遠くする  b、気が弱い  c、気が長い  d、気に入る  e、気が短い C:解答 B(一)1、気に入った  2、気が短い  3、気が弱い  4、気が遠くなった  5、気が長い (二)1、a  2、c  3、e  4、b  5、d 二十五 精神、性格(3) A:意味と用例 1、気にする=心配する?どうしようか?どうだろうかと考える 例:彼は人にどう思われるかを凄く気にするので、なかなか思い切った行動が取れない。 2、気を失う=意識を失う?気絶する 例:交通事故で失って三日もたつのに、息子はまだ意識を取り戻さない。 3、気を使う=周りの人の立場や気持ちを考えて注意して行動する 例:息子がアレルギーで食べてはいけないものが多いので、食事を作るとき、とても気を使う。 4、熱が冷める=夢中になっている状態から平静に戻る 例:学生のときは漫画が大好きで、毎日読んでいたが、最近は熱が冷めて、読みたいと思わなくなった。 5、熱を上げる=夢中になる 例:彼女はサッカーに熱を上げて、勉強そっちのけで試合を見に行っている。 B:練習: (一)?気?を使った慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、川上さんは怖い映画を見ていて、ショックで(   )そうです。 2、マナーにうるさい山口さんと食事をするときはとても(   )ので、料理があまり美味しくない。 3、人のことを(   )より、自分のことを考えなさい。 (二)正しいほうを選びなさい 高校時代は野球に(熱を上げて?熱が冷めて)いたが、もう、(熱を上げて、熱が冷めて)しまった。今はサッカーに(熱を上げて、熱が冷めて)いて、毎週見に行っている。 (三)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、彼女は細かいことは(   )、おおらかな性格だ。 2、大嫌いな蛇が突然出てきたのを見て、(   )しまった。 3、姉は会社で(   )過ぎてストレスがたまり、毎日胃薬を飲んでいる。 4、弟はカラオケが大好きだったのに、(   )らしく、最近はぜんぜん行かない。 5、娘は人気歌手に()、朝から晩まで同じCDを聞いている。 a、熱が冷める  b、熱を上げる  c、気にする  d、気を使う  e、気を失って C:解答 B(一)1、気を失った  2、気を使う  3、気にする   (二)1、熱を上げる  2、熱が冷めて  3、熱を上げて (三) 1、c  2、e  3、d  4、a  5、b

支持(0中立(0反对(0回到顶部
美女呀,离线,留言给我吧!
llswza
  6楼 个性首页 | 信息 | 搜索 | 邮箱 | 主页 | UC


加好友 发短信
等级:青蜂侠 贴子:1460 积分:-70 论坛币:20315 点卷: 0 威望:0 精华:800 注册:2005/5/26 19:40:00
  发贴心情 Post By:2005/6/7 23:50:00



二十六 心 A:意味と用例 1、心が弾む=楽しいことを考えて、気持ちがうきうきしてくる 例:明日のデートのことを考えると心が弾んでくる。 2、心を痛める=色々心配して、どうしたらいいかと悩む 例:弟が学校でよく問題を起こすので、両親はいつも心を痛めている。 3、心を打つ=感動させる 例:大統領の演説は強く聴衆の心を打った。 4、心を奪う=心をひきつける?夢中にさせる 例:彼は子供のときえに心を奪われた経験があり、自分も画家になる夢を持った。 5、心を鬼にする=かわいそうだと思いながら、相手のために厳しくしたり、冷たくしたりする 例:子供が転んで、起こしてくれと甘えて泣いている、母親は心を鬼にして、一人で起き上がるまで見ていた。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、子供の病気に姉は(   )いる。 2、来月の海外旅行のことを考えると(   )。 3、私たちは海に沈む夕日の美しさに(   )て、しばらくの間動けなかった。 4、交通事故で両足を失ったマラソンランナーが一生懸命努力してまたは知れるようになる映画を見て(   )。 5、妹はよく考えないで、宿題を教えてと私に甘えてばかりいるから、私は時々(   )、自分で考えなさいという。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、明日から夏休みだ、(   )なあ。 2、国で大きな地震があったというニュースを見て、(   )。 3、へ、レン?ケラーの話を読んで、(   )。 4、彼女の美しさは男たちの(   )。 5、弟はお金がなくなると、すぐ借金に来る。可愛そうだが、弟の為に私は()、貸さないようにしている a、心を奪う  b、心を鬼にする  c、心が弾む  d、心を痛める e、心を打たれた C:解答 B(一)1、心を痛めて  2、心が弾む  3、心を奪われ  4、心を打たれた  5、心を鬼にして (二) 1、c  2、d  3、e  4、a  5、b 二十七 其它 A:意味と用例 1、あっけにとられる=思ってもいなかったことに出会って驚きあきれる 例:日本人は結婚式に何百万ものお金を掛けるという話を聞いて、私はあっけにとられた。 2、後ろ髪を引かれる=後のことが心配で先に進めない?思い切れない様子 例:年老いた母を国に残して、後ろ髪を引かれる思いで国を離れた。 3、逆立ちしても=どんなにがんばっても出来ない 例:この問題は難しく私には逆立ちしても出来ない 4、背伸びをする=自分の年齢や能力以上のことをしようとする 例:まだ入ったばかりなのだから、そんなに背伸びをしないで、少しずつ仕事を覚えていけばいいですよ。 5、苦もない=どんな苦労も感じない?簡単に 例:大人にも分からなかった数学の問題を、中学生のおとうと学もなく解いてしまった。 6、 しゃくにさわる=不愉快で怒りの気持ちが怒り 例:十行に出ていた私より、私のノートを媚―していた木村さんのほうが成績がいいなんてしゃくにさわる。 7、 値を上げる=苦しさに耐えられないで、もう出来ないといったり悲鳴を上げたりする 例:このくらいの練習で音を上げていたらプロに離れないよ。 8、 念を入れる=とても丁寧に?注意深くする 例:今日は兄が恋人を連れてくるので、母は念を入れて掃除をしている。 9、 念を押す=きちがいがないように十分確かめたり注意したりする 例:「山田さんはいつも遅刻するから、今日も遅いかもしれませんね」「昨日念を押しておいたから、大丈夫でしょう」 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、小林さんはあだ間がよくてスポーツも出来て、とても優秀だ、私は(   )も小林さんと同じようには出来ない。 2、学校の先生が万引きをして捕まったというニュースを聞いて私は(   )。 3、 母に嘘を言って家を出たので(   )思いだ。 4、 私は日本語を始めたばかりだから(   )中級へ言ったら、きっと分からなくなってしまう。 (二)(   )に適当な助詞を入れてから、右と左の言葉を線で結んで慣用句を作りなさい。 例:念(を)               a.押す 1、しゃく(   )           b.入れる 2、音(   )             c.ない 3、念(   )             d.さわる 4、苦(   )             e.上げる C 解答 B(一)1、逆立ちさして   2、呆気にとられた  3、後ろ髪を引かれる  4、背伸びをして (二)1、に.d  2、を.e  3、を.b  4、も.c 二十八 人物 A:意味と用例 1、縁の下の力持ち=見えないところで皆のために、働いている人 例:彼の仕事は、夜、私たちが寝ている間に線路を検査することだ、彼のような縁の下の力持ちがいるから、私たちは安心して電車に乗ることが出来る。 2、親のすねをかじる=大きくなった子供が、生活費や学費を親に出してもらって生活している 例:最近の学生は、まだ親のすねをかじっているのに車をほしがったり海外りょこうをしたがったりする。 3、三日坊主=あきやすくて長く続きしない 例:健康のために毎朝ジョギングをしようと思ったが、三日坊主で終わってしまった。 4、元も子もない=利益だけでなく、はじめから持っていたものもなくしてしまう?すべてなくなってしまった 例:いくら働いてもボーナスを全部競馬に使ってしまうのでは元も子もないですね。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、娘:お母さんは(   )ね。   母:どうして?   娘:だって、ほかの人には分からないけど、家族のために色々してくれるから。。。。 2、姉は健康のために早起きをするといったが(   )で、一週間もつづかなかった。 3、 親と一緒に住んで、そのうえ(   )いるうちは、親の言うことを聞かなければならない。 4、一生懸命貯金したのに、株を買ったら、値下がりして(   )しまった。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、マネージャーは(   )となってチームを支えている。 2、(   )いる身なので、親に文句は言えません。 3、私は(   )で、日記を書き始めても習慣とつづかない。 4、 せっかく病気が治ってきたのに、タバコをすって、お酒も飲んでしまって、(   )。 a、三日坊主  b、縁の下の力持ち  c、元も子もなくなった  d、親のすねをかじる  C:解答 B(一)1、縁の下の力持ち  2、三日坊主  3、親のすねをかじって  4、元も子もなくなって (二) 1、b  2、d  3、a   4、c  二十九 虫 A:意味と用例 1、蜂の巣をつついたよう=手が付けられないほどの大騒ぎになる 例:授業中は静香だが、休み時間には教室は蜂の巣をつついたような騒ぎになる 2、虫が知らせる=何か悪いことが起こりそうだと感じる、予感がする 例:「あなたが乗るといっていた飛行機が事故にあったと聞いて驚いたんですが、乗っていなかったんですね」 「虫が知らせて、一本遅らせたんです」 3、虫が好かない=なんとなく好きになれない 例:同じクラスで勉強するのだから、虫が好かないなんていわないで彼と仲良くするべきだ。 4、虫の居所が悪い=きげんが悪くて、ちょっとしたことでもすぐ起こる 例:「木村さん、今日は虫の居所が悪そうだね」   「朝、奥さんとけんかしたらしいよ」 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、地震が起こって、パーティー会場は()様な騒ぎになり「落ち着いて、静かにしてください」といっても、誰も聞かなかった。 2、「どうして木村さんと話さないの?」   「あの人、なんとなく(   )から。。。」    「好きじゃないの?」 3、私の父は(   )と、一日中家族の誰とも話さない。 4、「昨日、出かけようと思って駅まで出たけど、何か変な気分になって家になって家に戻ったら、主人が江辻子に会ったって、電話がかかってきたんです。」 「まあ!()んデスネ。それで、ご主人はいかがですか?」 「ええ、たいした怪我ではなかったので、よかったんでけど。。。」 「よかったですね」 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、実験に使う得るが逃げ出して、教室は(   )になった。 2、(   )ので国に電話をしたら、さっきは母が事故にあって病院に運ばれたといわれた。 3、どうも彼は(   )。 4、彼は今(   )用だから、近寄らないほうがいいよ。 a、虫が知らせる  b、蜂の巣をつついたよう   c、虫の居所が悪い  d、虫が好かない C:解答 B(一)1、蜂の巣をつついた  2、虫が好かない  3、虫が居所が悪い  4、虫が知らせた (二) 1、b  2、a  3、d  4、c  三十 动植物(1) A:意味と用例 1、馬が合う=お互いに気持ちがぴったり合う 例:馬が合う人と一緒に生活したほうが楽しい。 2、たぬき寝入り=眠った振りをする 例:彼はたぬき寝入りをして人の話を盗みを聞きしている 3、猫の手も借りたい=とても忙しくて人手が足りない 例:しなければならないことがたくさんあって、猫の手も借りたいくらいだ。 4、猫の額=土地の面積がとても狭い 例:こんな猫の額ほどの土地は何にも利用できない。 5、猫のかぶる=本当の省汁を隠して、おとなしそうに見せる 例:「昨日紹介してくれた彼女、静でいい人だね」 「そうかい?いつもにぎやかなんだけど、初めて会う相手だったから、猫をかぶってたんだよ」 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、お中元やお歳暮の時期には、デパートのギフト売り場は、(   )ほど忙しくなる。 2、田中さんは嫌いじゃないんだけど、どうも(   )。 3、電車の中でお年寄りが前に立ったが、席を譲りたくなかったので、(   )をしてしまった。 4、「土地を買ったんですって?凄いですね」 「いいえ、たいしたことはありませんよ。(   )ほどですから。。。。」 5、うちの子供は家の中ではとてもうるさいけて度、「おとなしいお子さんですね」といわれる。外では(   )いるんだろう。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、山田君とは年も離れているし、性格も正反対なのに、なぜか(   )んだ。 2、手伝いをしたくなかったので、母に呼ばれても(   )をしていた。 3、農家では秋の収穫の時間になると(   )ほど忙しくなる。 4、私の家には(   )ほどの庭しかない。 5、あのおとなしい人が人を騙すなんて、今まで(   )痛んだね。 a、猫をかぶる  b、馬が合う   c、猫の額  d、猫の手も借りたい  e、たぬき寝入り C:解答 B(一)1、猫の手も借りたい  2、馬が合う  3、たぬき寝入り  4、猫の額  5、猫をかぶって (二) 1、b  2、e  3、d  4、c  5、a

支持(0中立(0反对(0回到顶部
美女呀,离线,留言给我吧!
llswza
  7楼 个性首页 | 信息 | 搜索 | 邮箱 | 主页 | UC


加好友 发短信
等级:青蜂侠 贴子:1460 积分:-70 论坛币:20315 点卷: 0 威望:0 精华:800 注册:2005/5/26 19:40:00
  发贴心情 Post By:2005/6/7 23:50:00



三十一 动植物(2) A:意味と用例 1、うなぎ登り=ものの程度の上がり方が早いこと 例:7月中旬ぐらいから、うなぎ登りに気温が上がった。 2、群を抜く=多くの中で飛びぬけて優れていること 例:彼の実力は、選手の中でも群を抜いている 3、すずめの涙=ほんの僅かな量 例:「後馳走様」   「え、もう食べないの?そんな雀の涙ぐらいじゃ、後でお腹が空くよ」 4、羽を伸ばす=押さえつけられていた状態から自由に鳴って、思い通りに振舞う 例:今日は怖い部長出張でいないので、羽を伸ばして仕事が出来る。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、たくさんある作品のなかでも、これは特に(   )、すばらしい。 2、彼は酒に強いから、ビール3本は彼にとっては(   )ほどだ。 3、母は父の両親と同居していたので、新婚時代は(   )ことが出来なかった。 4、この歌手は人気が上がって、レコードの売り上げが(   )になった。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、最近、物価は(   )に上がっている。 2、彼はこのクラスでは(   )成績がいい。 3、今年は不景気で、(   )ほどのボーナスしか出なかった。 4、仕事が忙しくて休日も仕事をしていたが、お正月休みになったらハワイに行って、思い切り(   )つもりだ。 a、羽を伸ばす  b、鰻登り   c、群を抜く  d、雀の涙   C:解答 B(一)1、群を抜く  2、雀の涙  3、羽を伸ばす  4、うなぎ登り   (二) 1、b  2、c  3、d  4、a   三十二 动植物(3) A:意味と用例 1、芋を洗うよう=大勢の人で大変込み合っている様子 例:いつも静かなこの海辺も、海水浴シーズンは芋を洗うような人出でにぎわう。 2、胡麻をする=自分の利益になるようにお世辞を言ったり、期限を取ったりして、相手が気に入るように振舞う 例:先生に胡麻をすって成績を上げてもうおうとしてもだめだ 3、竹を割ったよう=さっぱりしていて曲がったことが嫌いな性格 例:姉は竹を割ったような正確なので、腹を立ててもすぐに忘れる。 4、どんぐりの背比べ=どれも皆同じようで、特に優れたものがないこと。 例:主役になれそうな役者を探しているが、どの役者もどんぐりの背比べて物足りない。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、彼女はなんでもはっきりとしていて(   )様な性格だ。 2、(   )様な混雑ぶりで、自由に歩けない。 3、今年の絵画展ではどの作品も(   )で、審査の結果、最優秀賞はなかった。 4、彼は上司に(   )のが、上手だ方、とても可愛がられている。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、夏休みへ行ったが、(   )な混雑で、泳ぐことが出来なかった。 2、おとうと金持ちのおじに(   )、高価な時計をもらった。 3、母が(   )な正確なので、うちはいつも明るい。 4、皆(   )で、誰を選べばいいか分らない。 a、胡麻をする  b、芋を洗うよう   c、どんぐりの背比べ  d、竹を割ったよう   C:解答 B(一)1、竹を割った  2、芋を洗うよう  3、どんぐりの背比べ  4、胡麻をする   (二) 1、b  2、a  3、d  4、c  三十三 动植物(4) A:意味と用例 1、根掘り葉掘り=何から何まで、細かいことを一つ一つ聞きだす様子 例:うちの近所で事件があったので、会社に行ったら、皆から根掘り葉掘り聞かれた。 2、根も葉もない=理由や根拠がまったくない 例:1990年10月富士山が噴火すると聞いたが、それは根も葉もない噂だった。 3、実を結ぶ=努力しただけのいい結果が生まれた 例:ついに山田博士の30年間の研究が実を結んだ。 4、道草を食う=目的地へ行く途中でほかのことをして時間を無駄にする 例:学校が終わったら道草を食わないでまっすぐ帰ってきなさい。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、今までの努力が(   )、研究が成功した。 2、ボーイフレンドから電話があったとき、父は私に彼のことを(   )聞いた。 3、有名人は時々雑誌に(   )噂を書かれる。 4、彼と付き合って10年、色々(   )が、来年とうとう結婚することになった。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、彼に恋人のことを(   )聞かれた。 2、ぼくが彼女と付き合っているなんて、(   )噂ですよ。 3、「おかげさまで大学に合格しました」   「1年間の努力が()ね」 4、学校へまっすぐ行かないで、そんなところで()いると遅刻してしまいますよ。 a、根も葉もない  b、根掘り葉掘り   c、道草を食う  d、実を結ぶ   C:解答 B(一)1、実を結んで  2、根掘り葉掘り  3、根も葉もない  4、道草を食った   (二) 1、b  2、a  3、c  4、d   三十四 自然 A:意味と用例 1、上の空=ほかのことが気になって集中できない様子?ぼんやりしたり落ち着かなかったりする様子。 例:母:学割証明書もらってきた?   子:あ、忘れた。   母:新幹線の切符を買うから、もらってきなさいって昨日言ったでしょ。人の話を上の空で聞いてるからよ。 2、雲をつかむ=不確かでよく分らない 例:雲をつかむようなことを考えていないで、現実をもっとよく見なさい。 3、焼け石に水=努力や助けが少なくて、効き目がない 例:借金はこんなにあるのに、これだけのお金では焼け石に水だ。 4、山をかける=何の根拠もなく勝手に思って物事をする?試験に出るところを予想する 例:一生懸命試験勉強をした私より、山をかけた田中さんのほうがいい点数を取ったなんて悔しい。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、姉は婚約者のことばかり考えて(   )だったから、コーヒーに塩を入れてしまった。 2、「この広告を見て!」   「何々、「宇宙としだい計画。あなたも宇宙へ行ってみませんか」?」   「ね、すごいでしょう?」   「なんだか(   )様な話しだね」 3、 父は競馬をするが、ただ()だけではなくて、新聞を読んだり馬を見たりして、どの馬がいいか判断する。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、彼女のことばかり考えて、(   )で授業を聞いていたので、5回も先生に注意された。 2、そんな(   )様な話を信じるわけには行かない。 3、今までずっと遊んでいて、テストの前だけ勉強しても(   )だよ。 4、試験の(   )のが外れて、0点を取ってしまった。 a、雲をつかむ  b、焼け石に水   c、上の空  d、山をかけた   C:解答 B(一)1、上の空  2、雲をつかむ  3、山をかける  4、山をかけた   (二) 1、c  2、a  3、b  4、d   三十五   油 A:意味と用例 1、油を売る=用事の途中で話し込んだりして時間を無駄にする?怠ける 例:そんなところで油を売っていないで、早く仕事をしなさい。 2、油を搾る=厳しく叱る 例:練習不足で試合に負けて、選手たちは監督に油を搾られた。 3、火に油を注ぐ=勢いがあるものに、もっと勢いを加える?悪いことがもっと悪くなる。 例:泣いている子供を「泣くな」と叱れば、日に油をそそぐようなもので、もっと大きな声で泣き出す。 4、水と油=性質が違うために、互いに調和しない 例:「山本さんと木村さんはいつもけんかをしているね」   「あのふたりは水と油だからね」 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、学生がまた宿題を忘れたので、先生は(   )。 2、分かれた恋人のことを忘れようとしているのに、彼の話をして(   )ください。 3、この姉妹は(   )で、けんかばかりしている。 4、娘たちはまだ掃除が終わっていないのに、古いアルバルを見つけて思い出話をして(   )いる。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、彼女たちはいつも仕事の途中でトイレの前でおしゃべりをして(   )。 2、テストの結果が悪かったので、父に(   )。 3、父に叱られているときに口答えをして、(   )しました。 4、あのふたりは(   )だから、一緒に仕事をさせてもうまく行かない。 a、水と油  b、油を売っている   c、油を搾られる  d、火に油を注ぐ   C:解答 B(一)1、油を搾った  2、火に油を注がないで  3、水と油  4、油を売って  

支持(0中立(0反对(0回到顶部
美女呀,离线,留言给我吧!
llswza
  8楼 个性首页 | 信息 | 搜索 | 邮箱 | 主页 | UC


加好友 发短信
等级:青蜂侠 贴子:1460 积分:-70 论坛币:20315 点卷: 0 威望:0 精华:800 注册:2005/5/26 19:40:00
  发贴心情 Post By:2005/6/7 23:51:00



三十六   道具(1) A:意味と用例 1、相槌を打つ=相手の話を聞きながら、それに調子を合わせて言葉を挟んだり、うなずいたりする 例:彼は人の話を聞くとき殆ど相槌を打たないので、分っているのかどうかと心配になる。 2、釘をさす=後で問題が起きないように、はじめに注意しておく 例:ガイドは観光客に教会を案内する前に、写真撮影はしないようにと釘をさした。 3、さじを投げる=?もうだめだ?とあきらめて、途中でやめる 例:父の病気は、医者もさじを投げるほど悪い。 4、棚に上げる=自分に都合の悪いことは知らない顔をして、そのままにしておく 例:自分の失敗を棚を上げて、人の失敗を笑うのは最低だ。 5、箸にも棒にもかからない=まったくだめで、どうにもならない?何の取り柄もない 例:今回のコンテストには、箸にも棒にもかからないような作品はひとつもなかった。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、彼は自分もよく待たせることを(   )、私が遅れると文句を言う。 2、とても難しい問題で、いくら考えても全然分らなくて、(   )しまった。 3、入学式で口中先生が、?勉強しない学生は退学にするからがんばって勉強してください?と新入生に(   )。 4、あまり興味がなかったので、私は?うん、ああ?と適当に(   )聞いていた。 5、あの俳優はせりふを間違えるし、演技も下手で、(   )。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、人の話をよく聞いていないと、上手な(   )。 2、締め切りを過ぎてからの申し込みは一切受け付けませんと(   )。 3、一度の失敗で(   )で、最後までがんばりなさい 4、彼は自分のことは(   )、人の欠点ばかり指摘する。 5、彼は(   )つまらない男だ。 a、箸にも棒にもかからない b、相槌は打てない   c、棚に上げる  d、釘をさす  e、さじを投げる C:解答 B(一)1、棚に上げて  2、さじを投げて  3、釘をさした 4、相槌を打って  5、箸にも棒にもかからない (二) 1、b  2、d  3、e  4、c   5、a 三十七   道具(2) A:意味と用例 1、拍車をかける=仕事などの進み具合をいっそう早くする 例:人口の集中が東京の大気汚染に拍車をかけた。

2、バントを渡す=仕事や責任などを、後を引き継ぐ人に渡す 例:もう、若い人にバントを渡して休んだらどうですか? 3、羽目をはずす=調子に乗って、程度を越す 例:お酒を飲みすぎては目をはずし、店から追い出されてしまった。 4、レールを敷く=物事がうまく行くように、前もって色々と準備する 例:子供の将来のために、親がレールを敷く必要はない。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、お父さん会社だから、その後を続けばいいといって親に(   )もらうのは、つまらない人生だと思います。 2、旅行先で、彼はお酒をたくさん飲んで(   )、夜中に大声で騒いで、信用をなくしてしまった。 3、ビルを建設中だが、予定より遅れているので、建築会社に(   )もらおう。 4、私も年をとったので、息子に(   )のんびりするつもりだ。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、来週テストがあるから、(   )勉強しよう。 2、私もそろそろこうはいに(   )時期だ。 3、休みだからといって、(   )怪我などしないようにしなさい。 4、首脳会談を前に外務大臣が各国を訪問して(   )。 a、レールを敷く b、拍車をかける   c、バトンを渡す  d、羽目をはずす   C:解答 B(一)1、レールを敷いて  2、羽目をはずし  3、拍車をかけて 4、バントを渡して   (二) 1、b  2、c  3、d   4a、 三十八   其他(1) A:意味と用例 1、味を見る=味を確かめる 例:1)デパートの食料品売り場で味を見て買ってきたから、美味しいはずよ。 2)母が食事を作っているとき、私はよくそばにいて味見をする 2、後の祭り=時期が過ぎて、役に立たなくなる 例:全部燃えてしまってから、消防車が来ても後も祭りだ。

3、後を引く=後に影響を及ぼす?やめようと思ってもやめられない 例:1)二人の機嫌が悪いのは、昨日の喧嘩が後を引いているかららしい。   2)このお菓子はとても美味しいから、ちょっと食べると後を引く。 4、一から、十まで=何から、何まで?全部 例:親だからといって、子供のことを一から住まで知っているわけではない。 5、影も形もない=今まであったものが消えてしまっている 例:子供のころよく遊んだ公園は影も形もなくなって、今はビールがたっている。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、病気になってから、健康に注意しても(   )だ 2、初めて作った料理なので、美味しいかどうか母に(   )もらった。 3、?木村さんと小山さんはあっても話しをしませんね?   ?一週間前の喧嘩が、まだ(   )いるんですよ? 4、鳥のことを知りたかったら青木さんに効くといいですよ。専門家ですから、(   )教えてくれますよ。 5、この辺は昔、大きな火事があったらしいが、今では新しい家や、大きな店が出来、火事の跡は(   )。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、料理をしながら何度も(   )ので、食事をする前にお腹いっぱいになってしまった。 2、試験が終わってから、?もっと勉強すればよかった?といっても(   )ですよ。 3、あの大物成果が落選したなんて、去年スキャンダルが(   )いるんだな。 4、子供のころからの友達だから、彼のことなら(   )知っている。 5、昨日ケーキを買って冷蔵庫に入れておいたのに(   )、誰か食べたんだろう。 a、一から十まで b、味を見る   c、影も形もない  d、後の祭り  e、後を引く C:解答 B(一)1、後の祭り  2、味を見て  3、後を引いて 4、一から十まで  e、影も形もない (二) 1、b  2、d  3、e、  4、a   5、c 三十九   其他(2) A:意味と用例 1、底をつく=蓄えてあったものがなくなる 例:家を買ったので、貯金がそこをついてしまった。 2、そっぽを向く=相手の視線を避ける?相手を無視する?協力しない 例:母に?手伝って?といわれたが、いやだったのでそっぽを向いていた。     3、足しにする=足りないところを補う  例:?少ないが、お小遣いの足しにしなさい?とおじがお金をくれた。 4、八方ふさがり=何をするにも都合の悪いことばかりで、どうにもならなくて困る 例:八方ふさがりで、もう手段がない。 5、日の打ち所がない=悪いところが全然なく、文句が付けられない 例:この作品は日の打ち所がない。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、色々な治療を試してみたが、全部だめだった、もう(   )だ。 2、今年は雨が少なかったので、ダムの水はすっかり(   )しまった。 3、晩御飯までまだ次官が会ったが、とてもお腹が空いていたので、お菓子を食べて、お腹の(   )。 4、本田さんは頭も性格もよくて、本当に(   )人だ。 5、人が意見しているときは(   )いないで、相手のほうを見るものだ。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、彼は山で遭難して、持っていた食べ物が(   )しまったが、川魚を取って食べたりして、生き延びたそうだ。 2、誤ろうと思って声をかけたのに、(   )しまった。 3、父は家が貧しかったので、生活費の(   )ために中学生のころからアルバイトをしていたそうだ。 4、この人と結婚したいといったら家族にも友達にも先生にも反対された、もう(   )で誰にも相談できない。 5、(   )人なんていない。 a、底をつく b、日の打ち所がない   c、そっぽを向く  d、足にする  e、八方ふさがり C:解答 B(一)1、八方ふさがり  2、底をつく  3、足にした 4、日の打ち所がない  e、そっぽを向いて (二) 1、a  2、c  3、d  4、e   5、b 四十   心情气愤 A:意味と用例 1、腹の虫が収まらない=怒りが収まらないで我慢できない 例:買ったばかりの車を傷つけられた。誰がやったかわからないので、どうにも出来ないが、このままでは腹の虫が収まらない。 2、腸が煮え来るかえる=激しい怒りで心のなかがいっぱいになる 例:前を歩いている人が財布を落としたので拾ってあげたら?泥棒?といわれた、私は親切でしたことなのに、今考えても本当に腸が煮え来るかえる。 3、目くじらを立てる=人の欠点や悪いところを意地悪く探した注意したり、小さいな失敗を大げさに責めたりする 例:部長は?ドアの開け方が悪い?とか?お茶の入れ方がよくない?などと、仕事以外のことにもいちいち目くじらを立てるので、部下から嫌われている。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、私はレストランで働いているが、客に?料理が遅い?と水をかけられたことがある。私も水をかけてやりたかったが、相手は客なので、(   )思いで我慢した。 2、小さなことに(   )いないで、もっと広い心を持たないと、将来、立派な人に離れない。 3、買って一ヶ月もたたないのに車が動かなくなってしまった。修理代は販売店が盛ってくれたが、不便な思いをした。5年は壊れないといって売りつけた店の人に、一言文句を言わないと(   )。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、妹が私の教科書に落書きをしたせいで、学校で笑われた。帰ってから叱ってやったが(   )。 2、信頼していた社員が会社の金を持って逃げたと聞いて(   )思いがする。 3、約束の時間に遅れてしまったのは悪いが、5分遅れたくらいで、そんなに(   )ことは無いだろう。 a、目くじらを立てる b、腹の虫が収まらない   c、腸が煮えくり返る   C:解答 B(一)1、腸が煮えくり返る  2、目くじらを立て  3、腹の虫が収まらない  (二) 1、b  2、c  3、a  


支持(0中立(0反对(0回到顶部
美女呀,离线,留言给我吧!
llswza
  9楼 个性首页 | 信息 | 搜索 | 邮箱 | 主页 | UC


加好友 发短信
等级:青蜂侠 贴子:1460 积分:-70 论坛币:20315 点卷: 0 威望:0 精华:800 注册:2005/5/26 19:40:00
  发贴心情 Post By:2005/6/7 23:51:00



四十一   心情不愉快 A:意味と用例 1、後味が悪い=物事の終わった後もすっきりしないいやな気分が残り、不快な感じを覚える 例:遊びに連れて行けということも立ちに、会社の用事だと嘘をついて、独りでゴルフをしに着たが、どうも後味が悪いので、早く帰ろう。 2、気に食わない=自分の気持ち似合わなく、好きになれないところがあって不愉快だ 例:林さんは上司の前では礼儀正しくいい人だが、私たちだけになると、とてもわがままだ。林さんのそういうところが気に食わない。 3、気に障る=不愉快に感じる?気分を悪くする 例:1)話をしていたら急に友達が怒り出した、私は何か彼の気に障ることを行っただろうか。   2)お気に触ったらごめんなさい、でも、最近少し太ったみたいね。 4、歯が浮く=軽はずみやきざな言動、すぐ分るお世辞などを見たりきいたりして不愉快な気分になる 例:いつもは無口な夫が?今日の料理は最高だね?などと、歯が浮くようなお世辞を言う、何か隠しているに違いない。 5、鼻につく=飽きていやになる 例:留学から帰ってきた友達が留学中の話しを色々してくれた。しかし、同じ話しを何回も聞かされる鼻についてくる。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、テレビドラマの格好いい主人公を真似して(   )様なことを言っても似合いませんよ。 2、 友達が漫画を10冊貸してくれた、楽しく読んでいたのだが、みんな似たような話しなので、5冊読んだら(   )しまった。 3、 山田さんにテストで勝ちたかったので、うそのテスト範囲を教えてしまった、結果は私のほうがよかったのだが、(   )。 4、 (   )たら悪いけど、今着ている服は、あなたにあまりに合わないみたいですね。 5、 昨日靴を買おうと思ったのだが、店にあったものはどれも(   )ので買わなかった。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、相手のミスで試合に勝っても(   )。 2、この洋服は色もデザインもいいのだが、襟の形がどうも(   )ので買わない事にした。 3、大木さんは、私が成績のことで悩んでいるのを知っているくせに、「昨日のテストどうだった」などと、(   )様なことを平気で聞く。 4、彼は女性を見ると、「あなたは花より美しい」とか「空の星もあなたほど輝いていない」などと、(   )様なことを平気で言う。 5、ラーメンは好きだが、3日も続く(   )来る。 a、気に触る b、鼻につく   c、歯が浮く  d、後味が悪い  e、気に食わない C:解答 B(一)1、歯が浮く  2、鼻について  3、後味が悪かった  4、気に触った  5、気に食わなかった (二) 1、d  2、e 3、a  4、c  5、b 四十二   心情受感动 A:意味と用例 1、心が洗われる=気持ちがさわやかになる 例:仕事、仕事で毎日忙しく、真性共に疲れている、こんなときは、道に咲いている小さな花を見ただけで心が洗われる感じになる。 2、心に残る=印象に残る?頭の中から消えない 例:子供のとき読んで感動した本の内容はいつまでも心に残っているものだ。 3、目頭が熱くなる=感動して目に涙が浮かんでくる 例:マラソンを初めて10年だが、今回初めて優勝できた、メダルをもらったときは目頭が熱くなってしまった。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、今日、久しぶりに映画を見た、山の近くにある村が部代だった、東京には緑があまりないので、山の緑を見て( 1  )思いがした。かわいそうな映画で、小さな子供が自分の母親が死んだことが分らないで、「お母さん、起きて」と呼びかけたシーンでは思わず( 2  )。そこが一番( 3  )ところだ (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、人の手の入っていない美しい自然を見ると()思いがする。 2、古い映画には(   )なシーンがたくさんある。 3、30年前に別れた親子が対面し、泣きながら抱き合っている様子をニュースで見て、私も(    )。 a、目頭が熱くなる b、心が洗われる   c、心に残る   C:解答 B(一)1、心が洗われる  2、目頭が厚くなった  3、心に残る  (二) 1、b  2、c  3、a 四十三   心情恐怖、惊恐 A:意味と用例 1、色を失う=恐ろしいことや、思いもしなかったことにあって顔が青くなる 例:最近、隣の部屋の人を見ないと思っていたら、警察が来て、隣の人が殺されているといった、それを聞いて私は色を失った。 2、背筋が寒くなる=恐怖などのために、背中の中心を冷たいものが走るように感じる 例:私が乗るはずだった飛行機が落ちたというニュースがあった、間に合わなくて乗れなかったのだが、乗っていたらと思うと背筋が寒くなった。 3、身の毛がよだつ=あまりの恐ろしさに、全身の毛が逆立つように感じる 例:頭が人間で体が蛇という身の毛がよだつような怪物の物語を読んだ。 4、物怖じする=人や物事に恐れを感じて逃げようとする?しり込みする。 例:彼はどんな困難があっても物怖じしないで向かっていく。 5、肝をつぶす=ひどくびっくりする 例:夕べ、大きな地震があったときは肝をつぶした。 6、肝を冷やす=驚いて、一瞬、ひやりとする 例:階段の一番上で足を滑らしたときは、落ちるかと思って肝を冷やした。 7、度肝を抜く=とても驚かせる?びっくりさせる 例:皆の度肝を抜くようなことをしようと思って、日本海を泳いで韓国まで行こうと思ったが、家族に反対されてやめることにした。 8、度肝を抜かれる=とても驚く?びっくりする 例:テストはいつも学年で最下位だった弟が、今回のテストでは10位に成ったと聞いて度肝を抜かれた。 9、一泡ふかす=相手の不意をついて、驚かせたりあわてさせたりする。一泡ふかせる 例:島田君はいつも威張って、皆を苛めるので、今度、一泡吹かせてやろうと、クラスの皆で相談している。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、暗い夜道を歩いていたら、黒い物が飛び掛ってきた、一瞬、(肝をつぶした、度肝を抜いた)が、うちの犬が私を迎えに来たのだと分ってほっとした。 2、今日の野球の試合は、両チームの力が同じぐらいなのでなかなか勝負がつかないだろうと。思っていたが、観客の(肝を冷やす、度肝を抜く)大ホームランでAチームが点を入れた。 3、弟とプールに行ったとき、プールサイドを走っていた弟がプールに落ちた。一瞬、(肝を冷やした、一泡ふかせた)が、おとうとの腰までしかない浅いプールだったので、安心した。 4、 夫はいつも私の料理をまずいという。(肝をつぶして、一泡吹かせて)や労と、夫に内緒で料理学校へ通うことにした。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。  1、海外旅行から帰ってくる娘を迎えに空港へ行ったら、娘の乗っているはずの飛行機が到着時間を過ぎてもついていないと聞いて、(   )。 2、新しい兵器が開発されたというニュースを聞くと、(   )。 3、恐怖映画を見に行ったが、()様なシーンを連続で、気を失う人もいたほどだった。 4、今度のボクシングの試合の相手は、前に対戦相手を大怪我させたことがあるらしいという話を聞いて、ぼくは(   )てしまった。 5、車を運転していたとき、小さい子供が急に飛び出してきた、すぐ、プレー機を踏んだから大丈夫だったが、(   )。 6、朝、会社に行くとき、ラッシュの日と込みに押されて、線路に落ちそうになり(   )。 7、人の(   )ことが好きな森さんは、今度、小さなヨットに乗って、一人せかい一周する計画を立てているそうだ 8、少し太ってることが理由で恋人に振られた姉は、恋人に()やるといって、今、一生懸命ダイエットをしている。 a、物怖じする b、色を失う   c、背筋が寒くなる  d、身の毛がよだつ  e、一泡ふかせる  f、肝をつぶす g、肝を冷やす h、度肝を抜く   C:解答 B(一)1、肝をつぶした2、度肝を抜く3、肝を冷やした 4、一泡吹かせて (二) 1、b  2、c  3、d  4、a  5、f  6、g  7、h  8、e 四十四  心满意足 A:意味と用例 1、気が済む=満足して気分が安らぐ?気にかかっていることがなくなって気分がすっきりする 例:あんなに世話になったのにお礼はいらないなんて、それでは私の気がすまない。どうか、受け取ってください。 2、心行くまで=他人に邪魔されることなく、十分に満足し、気分が晴れ晴れするまで 例:最近仕事が忙しかったが、今日は久しぶりに休みが取れたので、心行くまで好きな映画を楽しもうと思っている。 3、胸がすく=今までの不快な気分がなくなり、気持ちが晴れ晴れとしてすっきりする 例:私のことをいつも苛める大無理さんが、今日先生起こられているのを見たときには、胸がすく思いがした。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、最近、仕事が忙しくて子供の相手をしてやれなかったので、気になっていたが、今日は久しぶりに休みが取れたので、朝から晩まで遊んでやった、これで大分(   )。 2、息子をけがさせた車の運転手はその場から逃げてしまったが、警察につかまったと連絡があり、(   )思いがした。 3、大学受験も終わった、今年から大学生だ、享年の夏休みはずっと勉強していたが、今年は海へと(   )楽しむつもりだ。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。  1、私たちの意見には合わないところがあるようだから、お互いの(   )まで話し合おう。 2、父はお酒が好きだが、母に泊められていてあまり飲めない、今日は母がりょこうに言っているので、(   )酒が飲めるとうれしそうだ。 3、私が応援している野球チームは、最近ずっと負けていたが、今日は(   )様な大ホームランで勝った。 a、胸がすく b、気が済む   c、心行くまで   C:解答 B(一)1、気が済んだ  2、胸がすく  3、心行くまで (二) 1、b  2、c  3、a 四十五  心里不安、担心 A:意味と用例 1、固唾を呑む=どうなるのかと心配したり緊張したりして成り行きを見守る 例:ホテルが火事になった、火事を見に集まってきた人々は、消防士がホテルの客を助け出す場面を固唾を呑んで見守っていた。 2、顔を曇らせる=心配そうな表情をする?悲しそうな表情をする 例:中国行きの飛行機が事故に会ったというニュースがあった。中国へ帰るという友達を空港まで送って行った兄は、顔を曇らせてニュースを見ている 3、気が気でない=心配で落ち着かない 例:今頃、息子は大学の試験を受けているはずだ、落ち着いてしっかりやっているだろうかと考えると、気が気でなくなる。 4、気がとがめる=自分が悪いことをしたと思って落ち着かない 例:明日は試験なので、今日は勉強に忙しく、妹と遊んでやらなかった。一人で遊びにいった妹が事故にあったと聞いて、とても気がとがめた。 5、気にかける=心配してあれこれ考える 例:会社をやめさせられて借金が返せないときにかけていないで、新しい仕事先を探すことに努力したほうがいい。 6、途方にくれる=よい方法や手段が見つからないで、どうしたらいいか分らなくて困る 例:3年前、日本に始めてきたとき、空港で財腑を盗まれてしまった、言葉もよく分らなくて、途方にくれていた私を助けてくれたのが今の妻だ。 7、路頭に迷う=収入を得るための仕事休む家などをなくして生活に困る 例:両親が死んでしまって路道に迷っていた私たち兄弟は、高校を卒業するまで施設で育った。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、どうしても見たいテレビ番組があったので、風邪を引いたと嘘をついてアルバイトを安でしまった。後で、山田さんがパーティーに行くのをやめて私の代わりに仕事をしたと聞いて(   )しまった。 2、今日、試験の答案を返してもらったが、今迄で一番悪い点数だった。母に見せたら、母は(   )「もっと勉強しなさい」といった。 3、電車の中でタバコを吸っていた男がいたが、大きくて怖そうだったので、誰も注意しようとはしなかった。しかし、一人の学生が男の前に立った、ほかの乗客はどうなることかと(   )。 4、サラリーマンだった夫は会社を辞め、借金をして自分のレストランを持った。それが開店値前に火事ですべて焼けてしまい、私たち一家はすっかり(   )しまった。 5、結婚してアメリカへ行った友達は、毎年、私の誕生日にカードとプレゼントを贈ってくれる。遠くにいてもいつも(   )くれているのだと思うとうれしい。 6、不景気のせいか、大学を卒業しても就職できない、もう30の会社に断られ、すっかり(   )しまった。 7、電車に乗ってから、ストーぷのひを消したかどうか心配になった。()ので、アパートの大家さんに電話して、部屋を見てもらった。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。  1、車のレースを見ていたら、先頭を走っていた車がいきなり火を噴いた、観客はどうなるかと(   )見ていたが、車は無事にゴールした。 2、弟は家族の中で一番食べるのに、最近は半分も食べないで残してしまう.何かあったのではないかとは母は()いる。 3、友達と10時にあう約束をしていたのに、おきたら九時半だった。すぐに出かける準備を始めたが、約束の時間に問い会うか、(   )。 4、父の時計を壊したのは私だが、父は弟が壊したと思って弟を叱った。叱られて泣いている弟を見ていると(   )。 5、母は一人で留学している兄のことをいつも(   )いて、毎日のように電話をしている。 6、一人で山登りに来たが、道に迷ったようだ、誰も知らないし、だんだん暗くもなってきて、私はすっかり(   )しまった。 7、今、戦争をしているある国では、多くの人々が家を焼かれたりして、(   )いるそうだ。 a、路道に迷う b、途方にくれる   c、固唾を飲む   d、顔を曇らせる  e、気が気でない  f、気がとがめる  g、気に掛ける C:解答 B(一)1、気がとがめて 2、頭を曇らせて  3、固唾を飲んだ   4、路道に迷って 5、気に掛けて   6、途方にくれて   7、気が気でなかった (二) 1、c  2、d  3、e   4、f  5、g  6、b  7、a

支持(0中立(0反对(0回到顶部
美女呀,离线,留言给我吧!
llswza
  10楼 个性首页 | 信息 | 搜索 | 邮箱 | 主页 | UC


加好友 发短信
等级:青蜂侠 贴子:1460 积分:-70 论坛币:20315 点卷: 0 威望:0 精华:800 注册:2005/5/26 19:40:00
  发贴心情 Post By:2005/6/7 23:52:00



四十六  感到放心 A:意味と用例 1、肩の荷が下りる=責任を果たしたり、しなければならないことが終わったりして安心する 例:ことも立ちも全員結婚して、親として、これで肩の荷が下りた思いがする。 2、気が休まる=心の疲れが取れて楽になる?気持ちが安らかになる 例:父が死んでから私たちを一人で育ててきた母は、気が休まる暇がないほどの忙しさだったそうです。 3、人心地がつく=恐怖、不安、苦痛、緊張などがなくなって、平常の気持ちになる 例:今日は朝から仕事が忙しくて大変だった、家へ帰って、熱い風呂に入り、やっと人心地がついた。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、私は日本に留学しているが、生活習慣は違うし、勉強は大変だし、アルバイトもしなければならなくて、毎日(   )暇がない。 2、朝から忙しくて食事も出来なかった。会社が終わって晩御飯を食べ、やっと(   )。 3、会社の役員をしていたが、無事に任期が終わって(   )。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。  1、友達の結婚式の司会という大役を任せられたが、無事に終わって(   )。 2、東京での生活は緊張の連続で、(   )暇がない。 3、乗っていた新幹線が事故で止まってしまって、狭い車内で1泊した、次の朝、家に帰り、熱いお茶を飲んで、やっと(   )。 a、人心地がつく b、肩の荷が下りる   c、気が休まる   C:解答 B(一)1、気が休まる 2、人心地がついた  3、肩の荷が下りた    (二) 1、b   2、c    3、a 四十七  其它 A:意味と用例 1、恩に着る=親切にしてもらったことをありがたく思う 例:一生恩に着るから、私の変わりにこの仕事してくれない? 2、気を落とす=がっかりする?元気をなくす 例:優勝できなかったからといって気を落とさないでください、また来年がんばればいいじゃないですか? 3、骨身にこたえる=苦しさ、つらさ、寒さなどを体のおくまでふかく感じる 例:私の国は1年中暖かいので、日本の冬の寒さは骨身にこたえる。 4、身につまされる=同情したり、自分の似たような経験を思い出したりして、他人の苦しみ、不幸などが自分のことのように感じられる。 例:金田のご主人が交通事故で亡くなったそうだ、私も去年、夫を事故で亡くしているので、金田の悲しみは身につまされる。 5、矢も立てもたまらない=したいと言う気持ちを抑えることが出来なくて、じっとしていられない 例:旅行先でこともが自己にあったと聞き、矢も立てもたまらずに、そのまま駅へ行き、電車に乗ってしまった。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、姉は祭りが大好きだが、明日は試験なので、今日の祭りには行かないといっていた、しかし、祭りの音楽が聞こえてくると()なって、家を飛び出していった。 2、合格できると思っていた試験に落ちて、兄はすっかり()いる。 3、自分が親になってはじめて、子供を育てる苦労が(   )。 4、飛行機事故で家族をなくして人たちが空港に集まっているニュースを見た、突然の事故で家族を失った人たちの様子を見ていると(   )。 5、青木さんは子供のとき良心をなくして、おじさんに育てられたそうだ、そのことを(   )、おじさんの会社を手伝い、業界一つの大会社にした (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。  1、日本に来たばかりで私が困っているとき貴方が助けてくれたことは、3年たった今でも(   )。 2、今日の試合のために、林田さんは1年前から練習を重ねてきたのに、怪我をして試合に出られなくなってしまい、すっかり(   )。 3、酒を飲みすぎて病気になり、手術を受けた、助かったからよかったが、酒の怖さが(   )。これからは飲み過ぎないようにしよう。 4、受験の厳しさに耐えられなくて自殺した高校生のニュースを見た、私にも来年受験を迎えるので、こういうニュースは(   )。 5、先月いなくなったうちの犬に似た犬を見たという話を聞いて、犬をとても可愛がっていた弟は、(   )で家を飛び出していった a、矢も立てもたまらない b、恩に着る   c、気を落とす   d、骨身にこたえる  e、身につまされる   C:解答 B(一)1、矢もたてもたまらなく 2、気を落として  3、骨身にこたえて4、身につまされる   5、恩に着て   (二) 1、b  2、c  3、d   4、e   5、a 四十八  听 A:意味と用例 1、聞き耳を立てる=どんなに小さな根や音でも聞き漏らさないように、注意を集中して聞こえにくい音や声を聞こうとする 例:友達が小さい声で話しながら、時々、私の顔を見て笑っているので、何二を話しているのか、聞き耳を立ててみたが、よく聞こえなかった。 2、小耳に挟む=聞こうとはしなくても、聞こえてくる。ちらりと聞く 例:スーパーで隣の娘さんが結婚するという話を小耳に挟んだ、本当なら、何にかお祝いをしたほうがいいのだろうか。 3、耳を澄ます=よく聞こうと耳に神経を集中させる?よく聞こう得るように心を落ち着ける 例:キャンプ場で、夜、寝転がって耳を澄ましていると、川の流れる音や、風の音、動物や鳥の鳴き声などいろいろな音が聞こえてくる。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、電車に乗っているとき、近くに立っていた四、五人の主婦が安売り店の噂をしていたので、私は買い物をするときの参考にしようと(   )聞いていた。 2、今、そこで()のだが、今度、この町に新しい道路が通るそうだ。 3、こんな都会の真ん中でも(   )と、秋の虫の声が聞こえてくる。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。  1、ラジオでニュースを聞きながら勉強をしていたら、私の国の名前が出たので、なんかあったのかと(   )。 2、教員室の前を通ったとき、青木先生がおやめになるという話を()が、本当のことなのだろうか。 3、高橋さんが「誰かが助けを求めている声がした」といったので、私たちは(   )が、人の声など聞こえなかった。 a、耳を澄ます b、聞き耳を立てる   c、小耳に挟む  C:解答 B(一)1、聞き耳を立てて 2、小耳に挟んだ 3、耳を澄ます    (二) 1、b   2、c    3、a 四十九  上当受骗 A:意味と用例 1、一杯食わす=上手に騙す 例:子供が勉強の本を買うというので、金をやっていたが、子供の部屋には漫画ばかりで勉強の本は一冊もない、どうやら、一杯食わされたようだ 2、一杯食う=騙される 例:店の主人に本物だと言われて大金を出して絵を買ったが、専門家に見てもらったら偽者だと分った、一杯食ってしまった。 3、裏をかく=相手の考えていることを見抜いて反対のことする 例:今度の試合の対戦相手を研究して作戦を立てていったのだが、裏をかかれて負けてしまった。 4、口車に乗る=相手の上手な言い方に騙される 例:この土地は将来値上がりするという口車に乗って土地を買ったが、5年たった今、買ったときの半分に値が下がってしまった。 5、さばを読む=自分の都合のいいようにうその数を言う 例:今年25歳になる姉は、年を聞かれると五つもさばを読んで20歳だと答える。 6、舌の根も乾かぬうちに=言い終わるか終わらないうちに言ってすぐ 例:タバコのせいで病気になったので、もうタバコはやめるといっていた父は、その舌の根も乾かぬうちに弟にタバコを買いに行かせる。 7、鼻を明かす=自分より強いものや優れているものなどが油断している時を狙って、先に物事を言ったり、騙したりびっくりさせる 例:クラスで一番の成績の田村さんは、いつも私を馬鹿にしたような眼で見る、次のテストはがんばって勉強して田村さんの鼻を明かしてやるつもりだ。 B:練習: (一)各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、夫から会社の友人と酒を飲むから遅くなると電話があった。先週、酒飲む運転で警察に注意され、もう酒は飲まないといった(鼻を明かして、舌の根もかかぬうちに)これだから困る。 2、「1時間手伝ったら、お小遣いを上げる」という母の(口車に乗せられて、裏をかいて)、とうとう1日中手伝わされてしまった。 3、 太っている姉は、学校に出す健康診断書の体重のところに10キロも(一杯食わせて?さばを読んで)少なめにかいていた。 4、 夫は仕事が忙しいといって、私の相手をあまりしてくれない、頭に来たので、会社に電話して、家が家事だと(一杯食わして?一杯食って)やったら、すぐ帰ってきたが、とても起こられた。 5、 弟が宿題もしないで遊びに行くのを怒った母は、玄関の見える場所で弟が出て行くのを待っていたようだが弟は母の(裏をかいて?さばを読んで)窓から出て行ったようだ。 6、 私は小さな新聞社の記者をしている、大きな新聞社の(いっぱい食わせて?鼻を明かして)やれるような記事が書きたい。 (二)各文にあう慣用句を適当な形にして下から選んで(   )のなかに書き入れなさい。 1、窓に映った夕日が真っ赤だったので、(   )やろうと、「家事だ」といったら、兄は消防器を持って家を飛び出していってしまった。 2、警察は犯人が飛行機で逃げるだろうと考えて空港で待っていた、しかし犯人は警察の(   )、船で海外へ逃げたらしい。 3、セールスマンの(   )、高いクーラーをつい買ってしまったが、とんでもない不良品だった。 4、 A氏の講演会にはいつもたくさんの聴衆が集まるという話だが、実はそうではなく、( )出席者の人数を発表しているそうだ。 5、 息子はこれからは一生懸命勉強するといった()、テレビの前に座ってお菓子を食べ始めた。 6、 姉がテレビを見ているあいたに、姉が分らなかった数学の問題を解いて、姉の(   )。 a、裏をかく b、口車に乗る   c、一杯食わす  d、さばを読む  e、舌の根も乾かぬうちに  f、鼻を明かす C:解答 B(一)1、舌の根も乾かぬうちに 2、口車に乗せられて  3、さばを読んで   4、一杯食わして 5、裏をかいて   6、鼻を明かして    (二) 1、c  2、a  3、b   4、d  5、e   6、f  五十  妨碍、干扰 A:意味と用例 1、くちばしを挟む=人の話に割ってはいる 例:私が説明しているときに、横からくちばしを挟まないでください。 2、出端をくじく=相手が仕事や話などを始めようとしたときに邪魔をして、やろうという気持ちをなくさせる?相手の調子が出てきたときに邪魔をして、だめにする。 例:今日のサッカーの試合は、始まって5分もしないうちに相手に3点の入れられてしまった、私たちのチームはすっかり出端をくじかれてしまった。 2、水をさす=親密な関係にあるもの同士の関係を悪くさせたり、順調に進んでいる物事の邪魔をしたりする。 例:来月のテストはクラスで一番になろうと一生懸命勉強しているのに、母は「無理しなくてもいいわよ」と私の決意に水をさすようなことを言う。 B:練習: 各文にあう慣用句を適当な形にして(   )に書きなさい 1、妻と新しく建てる家について相談していたら、横から子供が「3階建てがいい」とか「屋根は赤いのが言い」などと(   )ので、少しも話がまとまらなかった。 2、最近、運動不足だから早期マラソンを始めようとしたら、息子に「若くないんだから、体に悪いよ」と(   )。 3、友達と来週の旅行の計画を立てていたら、兄が「来週当たり台風が来るかもしれないな」と(   )様なことを言った。 a、水をさす b、くちばしを挟む  c、出端をくじく 

支持(0中立(0反对(0回到顶部